もずく養殖の流れ

もずく養殖の流れ

もずく養殖の流れ

もずく養殖の流れ

もずく養殖の流れ

もずく養殖の流れ

シートにモズクを着生させる

モズク養殖場にビニールシートを張っておくと天然のオキナワモズクが着生するので、この採苗シートをこまめに清掃する。

もずく養殖の流れ

網板に種を付ける

ある程度モズクが伸びたら(5cm程度)採苗シートをタンクに投入して網に種付けをする。

もずく養殖の流れ

海に網を張る(苗床)

種付けした網5枚~10枚を1セットにして苗床と呼ばれる場所に網を設置します。

もずく養殖の流れ

苗床から本張りへ移行する

苗床で約1センチから2センチ程度まで芽出しした後に1枚づつ本張りする。

もずく養殖の流れ

大きくなったモズクを収穫する

冬の間育成したモズクはポンプで吸い取って収穫し、船上ではポンプで吸い上げたモズクの選別作業が行われます。

もずく養殖の流れ

水揚げから出荷まで

水揚げから出荷まで

水揚げから出荷まで

水揚げから出荷まで

水揚げから出荷まで

水揚げから出荷まで

漁港に水揚げされたモズクを検量します。

水揚げから出荷まで

検量後、加工場内に搬入されたモズクは洗浄機を使って異物を除去します。

水揚げから出荷まで

洗浄機で除去できない異物は、目視選別により除去します。

水揚げから出荷まで

一斗缶/16kg(生)18kg(塩)容器等への梱包を行います。

水揚げから出荷まで

一斗缶/18kg容器等に梱包されたマイナス20度からマイナス25度の冷蔵倉庫で保管された後出荷されます。
その後味付けモズク等に加工されます。

COPYRIGHT © 2008 沖縄県もずく養殖 ALL RIGHTS RESERVERD.